Exce firm STAFF BLOG

思いを形に
皆様が家づくりを考えるとき、いくつ夢や希望がありますか?いろいろと調べたり見学にいくうちに、理想がどんどん膨らんで、ああしたい、こうしたい、が増えていくのではないでしょうか。私たちも打ち合わせの際、お客様から、これは無理難題ではと思えるご要望をいただく事もあります。でも、そんな時こそプロとしての腕の見せ所! 私たちは決して簡単に無理とかできない、とは言いません。もちろん、プロとしてお勧めできない要望であれば無理となりますが、お客様の喜ぶ顔が見たいし、作り手としても難しいことができたら嬉しい。なので、どうしたらできるのか。。。を一番に考えています。無理と言ってしまえば楽な事もたくさんあるんです。でも、当社の設計者と工事担当者は、お客様のために今日も楽しみながら悩んでおります。お客様と一緒に悩むからこそ、出来上がったときの喜びはひとしおです。普通では無理と言われてしまう事でも、私たちであれば叶えることができるかもしれません。諦める前にぜひ一度、私たちに投げかけてみてください。 Staff : 小林

READ MORE READ MORE

工事前に・・・
初めまして工事担当しております欲賀と申します。宜しくお願い致します。 今回は、工事を行う前に欠かせないイベント「地鎮祭」についての話です。 工事前には神主と施主様、工事関係者が一緒に、工事の安全と土地を守る神様に 土地を使わせて頂く許可を頂く儀式になります。 その為に儀式では神様に来て頂き、祝詞を読んだり、玉ぐし礼拝と工事の安全祈願をします。 地鎮祭は、日本最古の歴史書(日本書紀)に実施されたことが記されているぐらい 大切な儀式です。 地鎮祭もおわったので安全第一で今日も一日がんばります! 欲賀

READ MORE READ MORE

木造建築の造り方①地縄張り
はじめまして、工務を担当しているMAYと申します。今回から住宅造りを定期的にご説明させて頂きます。 住宅をご検討のお客様は、どの様に建物が造られていくか気になりませんか?😊😊 今日、ご説明させていただくのは「地縄(じなわ)張り」です。地縄ってなに?🙄🙄て思われる方がいると思いますが、これは工事着工前に敷地に縄(最近はヒモ)で建物の位置を表すことです。 「なんだ、そんなことか。」と思われるかもしれませんが、実際に図面の通りに敷地を表してみると建物の大きさやお庭、駐車場の位置・ボリュームがみえてきます。又、お隣さんの間隔、窓の位置など気になることも多く目に付くと思います。実際に建物が建てしまうと変更したくても大変なことになってしまいます。 図面通りであっても地縄を張った後はご確認お勧め致します。(当社では、地鎮祭の時にご確認をして頂いております。😊😊) 今回は以上です。また随時、家造りをご説明致します。ご拝読頂きありがとうございました。                                         MAY

READ MORE READ MORE

SE工法
弊社では『崖地』『変形地』を得意として建物を造っています。しかしそれらの高低差のある土地や、歪な土地で木造住宅は「安全に建物が建てれるの?」、「自由な間取りは実現できるの?」と疑問に思われる方がいると思います。 ご安心ください。問題ございません。なぜなら当社では、一棟一棟構造計算をして、それに対応できる工法、SE工法を使用しているからです。 怖い話かもしれませんが、木造住宅のほとんどが国の定めた『壁量規定』さえ満たせば、一般的な平屋や2階建て住宅は建てることが可能になってしまっています。多くの災害(地震や台風など)が起きた後に、この規定は年々改正されているのが現状です。残念ながら現実に起こる地震などには、考慮して計算されているわけではありません。 しかし当社のSE工法では、一棟一棟異なる住宅の間取り構成、土地の立地条件を考慮して計算を行っています。また、それに対応できる基礎や構造部材、接合部強度が基準値を満たしていることで、家の安全性を確保しています。 これらの経験は『崖地』『変形地』などの建物が難しい場所はもちろんのこと、平坦な土地での「リビングルームを広く造りたい!」や「3台用間口の取れるビルトインガレージを造りたい!」などのご要望にもご対応ができます。 日本で住んでいるかぎり地震や台風などは避けては通れない災害です。少しでも構造的な不安やご希望の間取りにお困りの方は、当社へのご相談をお待ち致しています。 高橋

READ MORE READ MORE

ライティング計画 照明の役割NO.2
先日は、ライティング計画 照明の役割NO.1〚空間の演出〛の話をさせて頂きましたが、今回は〚機能的な役割〛について話をさせて頂きます。 夜間に庭で何かをしようと思っても、真っ暗では何もできません。しかし、庭に照明を設置することで夜間の庭を部屋の延長のように使用することも可能になります。 照明の灯りは活動範囲を広げる役割を持っています。照明を付けることで夜に帰ってきた家族も照明があることで歩行や自動車.自転車も駐車しやすいです。庭での照明は、休みの日にバーベキューなども少し遅くまで楽しめるのでお勧めです。 門周りの照明は来客が夜間に表札を確認したり、インターホンを鳴らす為になくてはならないものです。門灯も沢山あるのですが、写真の様にスポットライトで照らす様なデザインもあります。光を壁に照らして反射させることで、門周りはもちろんの事壁面に反射された光源が拡散して広い範囲を明かりが照らしてくれます。 照明の灯りはそれぞれの場所で機能的な役割があります。照明の役割も考えたデザイン豊かなご提案をさせていただきますので気になる方は一度ご相談にお越しくださいね。ご予約はこちら→予約フォーム デザインだけでなく、現場の施工管理まで行う、女性スタッフ女性デザイナーがお客様の悩みに寄り添いお話をお聞きしご提案させていただきます。お電話でも受け付けていますので、お気軽にお問合せください。 0561-76-0203 staff:saori

READ MORE READ MORE

3m以上の高低差
当社で『崖地』として扱うのは隣や道路から3m以上の高低差がある場合です。一般的には不動産情報では『傾斜地』という呼び方で紹介されています。それ以下の高低差は『平坦地(へいたんち)』であったり『平地(ひらち)』という呼び方をします。 他社と呼び方が違うのは何故か。あまり深い意味はないのですが、不動産情報で『崖地』と記載しないのは、その呼び方のがあまりいい印象を与えないという先入観からではないでしょうか。 では当社は何故『崖地』と呼ぶのか?その呼び名の方が個性があると感じているからです。また、当社は『崖』であることをマイナスの情報として捉えるのではなく、プラスの情報としてしか捉えていないからこそ『崖地』と言うようにしています。 建物が建っていないそんな土地を見にいくと、きっと皆さんは圧倒されることでしょう。しかし当社は違っています。必ず現地に行って確認しますが、毎回崖地を見る度に『なんて可能性の広がる土地なのだろう!』とワクワクします。 高低差の傾斜も違えば、傾斜ができる位置も違う。道路より高いところもあれば、低くなっているところもある。その土地によって全て考え方が変わるため、同じような家は造れないのです。常に『崖地』を扱っている当社だからこそ、崖地に対するアイデアと経験が豊富です。 そんな崖について一度語り合ってみませんか? 代表:牧田 久義 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1級建築士がご相談を承ります。・ハウスメーカーとの家づくりの違い 建築家をもっと身近に感じてください。・「毎日を上質に暮らす」為のヒントを、豪華さや使いやすさだけではない、 建築家ならではの細やかな提案をお聞きすることができます。・建築家だからできる! 狭小地、変形地、傾斜地で快適すまいをつくるコツと価値をお伝えします。・生活を感じさせない空間づくりに大切なのは家事動線と収納=お客様にあった家事動線を 1級建築士に相談してみませんか?・提案はさせていただきますが、押し付けや一方的な売り込みはいたしませんのでご安心ください。 思う存分オモイを伝えてください。 完全予約制◇ご予約サイトはこちら!◇ ..............................................

READ MORE READ MORE

エグセファームの”ガケ車”
こんにちは。今日はエグセファームの営業兼宣伝カーをご紹介いたします! <エグセファームの”ガケ車”> 丸く可愛らしいフォルムに、白黒と明るいオレンジ色の迷彩柄に塗装されたコミカルな車に仕上がっています。さらにドア部分にはオリジナルステッカーを貼付し、日本ではなかなか見れないレアなジムニーです! こちらの”ガケ車”で崖地を探しに名古屋の街中を走り回っていますが、信号待ちの時には常に周囲から視線を感じます(笑)。 もしお見かけしましたら、ステッカーにもありますように「エグセファーム」と検索してみてください。後ほどQRコードのステッカーも追加する予定で、完成しましたらこちらのブログに更新しますので楽しみにお待ちください! 髙田

READ MORE READ MORE

ライティング計画 照明の役割NO.1
エクステリア:外構で照明の役割は、□空間の演出□機能的な役割□安全性を確保する□防犯面大きく分ければ、この4つです。今回は〚空間の演出〛について話したいと思います。空間演出でも沢山あるのですが、 写真の様に、スポットライトを使用し植栽を照らして陰影を出して演出するやり方などあります。スポットライトでも、光源:LED・ハロゲンランプ・白熱電球etc..ワット数にもより魅せる空間も違ってきます。電球の色でもまた違う印象に、上のお写真は昼白色 下のお写真は電球色雰囲気が随分違いますよね。電球色は温かな雰囲気で昼白色はシャープなイメージです。お客様がどの様に演出したいか?をしっかりと聞きとり夜の魅せ方も考えてご提案をさせて頂いています。 <オリジナルの瓦の照明> <ポーチライト> <マリンランプ> 瓦の照明は、オリジナル照明瓦を加工して中に照明器具を入れて被せています。門塀や壁面に使用するポーチライトも市販で沢山販売されているのでプラン打合せ時には、しっかりとイメージを伝えてくださいね。 夜の穏やかな光で落ち着いた雰囲気とリラックス効果をしてしていただける空間を楽しんでいただきたいです。新築で計画をされる時に、予算でどうしても照明が出来ない・・・などもちろんあるかと思いますがgardenpeaks(ガーデンピークス)では、今出来なくても10年20年後でも照明を取り付けれる工夫をご提案させて頂きます。よろしければお問合せくださいね。ご予約はこちら→予約フォーム お客様のイメージを最後までカタチにし〝お家〟と〝お庭〟の空間の中ライフスタイルを、トータルに提案し住む人がいかに快適に過ごせるかという「家と庭での暮らし方」の提案をしていきます。 新築外構・お庭のご相談などお気軽にご相談ください。デザインだけでなく、現場の施工管理まで行う、女性スタッフ女性デザイナーがお客様の悩みに寄り添いお話をお聞きしご提案させていただきます。ご予約はこちら→予約フォーム staff:saori

READ MORE READ MORE

師走ですね。
こんにちは。 12月に入り、年末まであっという間に時間が過ぎ去る予感がしている今日この頃です。 そして・・・年末といえば大掃除!!  我が家ではなるべく定期的に掃除をしていますが、やはり年末は子供たちも含め大掃除をしています。 掃除は掃除方法とチェックリストを活用するなどして掃除すると効率よく行えると思うので、 某ハウスクリーニング会社さんHPのURLを貼付しておきます! https://www.duskin.jp/servicemaster/column/detail/00030/ また、”おうちでおそうじチャレンジ”という、お子さんに掃除することの大切さやおそうじクイズに・カルタなど ゲーム感覚で掃除について学ぶこともできるURLも貼付しておきます! https://www.duskin.co.jp/torikumi/gakko/kids/ お家をキレイにすることで風通しのよいお家になるといいですね。 そして、風通しのよいお家の建築は”エグセファーム”にご用命くださいませ!!                                                 木村

READ MORE READ MORE

ケルビン ジョルマーニのソファー
弊社で新築工事を手掛けさせていただいたお客様もご購入されたソファーのご紹介 <弊社で新築工事を手掛けさせて頂いたリビングにあるソファーのお写真> KELVINGIORMANI SOFA ヨーロピアン・モダンデザインを継承し、ドイツの伝統的な製造手法により幅広いソファのスタイルが特徴で重量感と洗練されたデザインを融合させ、天然皮革の上質な部分だけを贅沢に使用し手製造されています。ケルビンジョルマーニはアメリカ家具デザイン協会において、最優秀デザイン賞を3度受賞しています。 厳選されたヨーロッパ最高品質の天然皮革を使用 <東京インテリア長久手店:店内写真> 70色を超えるカラーバリエーションや、ニーズに合わせた寸法調整、多様な木フレームやアルミフレームの選択などによって、オンリーワンのソファーがご自宅に・・ <東京インテリア長久手店:店内写真> 吹き抜けのあるリビングにピッタリのソファー東京インテリアさんで購入させていただきました。この大空間をつくる事が出来るのが、弊社の強みであるSE構法家族が集まるリビングこそ、大空間を手に入れてゆっくりした時間を過ごして欲しいです。大空間のリビングが気になり方は、お気軽にお問合せ下さいね。 絶景の景色も楽しめますよ!→Instagramで紹介中 .............................................. エグセファームからお庭のブランドgardenpeaksが誕生しました。お客様のイメージを最後までカタチにし〝お家〟と〝お庭〟の空間の中ライフスタイルを、トータルに提案し住む人がいかに快適に過ごせるかという「お家とお庭での暮らし方」の提案をしていきます。 新築外構・お庭のご相談などお気軽にご相談ください。デザインだけでなく、現場の施工管理まで行う、女性スタッフ女性デザイナーがお客様の悩みに寄り添いお話をお聞きしご提案させていただきます。ご予約はこちら→予約フォーム staff:saori

READ MORE READ MORE