Exce firm | garden peaks STAFF BLOG

井戸活用のすすめ
郊外や比較的広い敷地では昔使っていた井戸がある場合がありますね。 建て替え等で大体の井戸はお祓いをしてもらい、息抜きをして、 埋め戻しをされるお宅がほとんどかと思います。 その井戸をぜひ活用してみませんか? こちらは井戸水を活用したウォーターガーデンです。 井戸にポンプを設置して汲み上げ、壁泉を通してプールに水を溜めます。 壁泉から流れ落ちる水音もまた癒しの空間を演出してくれます。 昼間は太陽光で水面がキラキラゆれ、夜はウォーターライトがリゾート感を演出します。 こちらの御施主様は、お庭でお酒を飲みながら眺める庭を。とのご要望でしたが、 真夏には足を入れて涼をとっても頂けますね。 そして水を溜めておくことはせず、楽しんだら水を抜くので、浄化装置の必要はなく、 水道代もかからず、ポンプ使用時の電気代のみなのです。 これも井戸水を利用しているからこそできる贅沢ではないでしょうか。 万が一井戸が枯れてしまった場合には、水道水に切り替えれるように工事も施工済みです。 井戸が敷地にある方は是非ご活用をおすすめします。 これからも、私たちのgardenpeaks長久手officeは、皆さんの理想の庭や外構を実現するために精一杯サポートしていきます。ぜひお気軽にお立ち寄りください!場所は、こちらから デザインだけでなく、現場の施工管理まで行う、女性スタッフ女性デザイナーがお客様の悩みに寄り添いお話をお聞きしご提案させていただきます。お電話でも受け付けていますので、お気軽にお問合せください。 0561-76-0203 staff zenda

READ MORE READ MORE

お庭の植木や草花梅雨対策!
気温が上がるとともに近づいてくる梅雨の時期。梅雨はじめじめしていて苦手な人が多いと思いますが、植物にとっても同じことです。梅雨の蒸し暑さで植物が枯れてしまわないように、今のうちからできる対策をしておきませんか? 梅雨の時期は長時間雨が降ることが多いですが、植物を長い時間雨に当てたままにしておくと、花が傷んで病害虫が発生しやすくなります。また、土が水浸しになると根腐れを起こし、植物が枯れてしまいます。 雨に当たらない軒下などに置いても、風通しが悪いと蒸れてしまいますし、雨に濡れた葉が急に太陽に当たると急激に温度が上がり、株が蒸れて傷んでしまうこともあります。 「梅雨はまだ先だから」と思っている方も多いかもしれませんが、今のうちから対策をしておけば、梅雨が来ても安心です。では、梅雨前からできる対策をご紹介します。 梅雨前からできる対策 ・密植を避ける 梅雨時には植物が一気に成長します。植えたときには十分に間隔を空けていたつもりでも、成長して葉が茂ると風通しが悪くなります。葉が混みすぎた部分は間引きし、枯れ始めた下葉は取り除きましょう。 ・苗を植えるときは、深植えしすぎない 深植えは根が深くなり、水浸しの時間が長くなります。乾燥を好む植物なら特に注意が必要です。しかし、浅植えにしすぎると、強い雨に当たって植物がぐらついてしまいます。適度な深さで植えましょう。 ・背が高くなる植物は早めに支柱を立てておく 背が高くなる植物は、成長後に雨や風で倒れやすくなります。倒れて地面に葉がつくと病気が発生しやすいので、早めに支柱を立ててサポートしましょう。 今のうちにこれらの対策をして、梅雨に備えましょう。 雨が降った後は・・・ 強い雨が降った後は特に、泥はねが起きています。泥はねをそのままにしておくと、葉の気孔が埋まってしまい、植物が窒息してしまいます。軽く水で洗い流すのがお勧めです。 少しの気使いでこの時期を超えれますので参考にしてくれたら嬉しいです。 最新情報や特典はHPをチェック! 最後に、当ショップの最新情報や特典については、現在はHPで発信中です。お得なキャンペーン、イベントの案内などを随時更新しています。今後FacebookやInstagramなどのへも発信、充実していきます。SNSのご案内は、次のブログにてご案内できるかと思いますのでしばらくお待ちいただければ嬉しいです…

READ MORE READ MORE

上手な水やりとは?【真夏のガーデニング】
ブログを見てくださりありがとうございます。 今回は水やりについてお話していきますね。 ポイント①  水やりの時間帯 夏の暑い時間帯に水やりすると植栽が蒸されたりして焼けるので 朝9時までか夕方涼しくなってから水をあげるといいです。 ポイント②  水やりの量 根まで届くようたっぷりと水をあげましょう。 具体的には鉢植えなら水が流れるくらいで、土の中に新鮮な空気を送る意味もあります。 受け皿にたまった分は捨てるようにします。 ポイント③  水やりの方法 じょうろで水やりする際には花や葉が傷むので根本に行います。 葉水が必要な植物は霧吹きなどであげます。 どうでしょうか?意外と知らない事もあったのではないでしょうか 植栽によって違いもありますので 私自身も少し意識して真夏の水やりを乗り切ろうと思います。 宮崎

READ MORE READ MORE

木造建築は自由だ
こんにちは 今回ちょっと変わった木造建築を紹介します。 昨年研修施設を建てさせて頂きました。 建築主のこだわりが詰まった建物です。 現場監理者として30年ほどいろいろな木造建築物をやってきましたが これば是非見て頂きたい建物です。 外観 研修室 廊下 階段 全部ご紹介出来ないのは残念で他にも見どころたくさんで見せたい所がございますが、 また機会がございましたらご紹介させて頂きます。 この様な建物を造ってみると木造建築ってこんなことも出来るんだって思えて もっともっと木造住宅も自由に作る事出来ると思わせてくれます。 私にとっても非常に良い経験となった建物で思い出深い現場でした。 現場監督 欲賀

READ MORE READ MORE

garden peaks open!
先週末、garden peaks 長久手店がプレオープンを迎えました。 エグセファームにて施工していただいたOB様にのみDMをお送りしました。 最終日は雨の中、遊びに来て下さったOB様、ありがとうございました。 長久手オフィス、店内の様子をご紹介します。 少し変わった観葉植物を置いていますが樹形にはこだわりがあります。 相場よりリーズナブルな価格で提供しているため、出会った時がお迎えどきです。 作家さんが手作りした照明も販売しています。 ほとんどのシェードが天然木でできておりますので、これもまたすべて一点もの。 木のランプシェード、とてもノスタルジックな気分になりますよ。 この作家さん、創造して作ってみるバイタリティがものすごく、 照明だけでなく、家具やアートにも精通されております。 私が最近出会った人の中でも、とても興味を惹かれる方で、 何年か後に『情熱大陸』にでるなと思っております。 こんな感じで観葉植物やランプシェードの他にも、 センスあふれるものを見つけたら置いていきたいと思っていますので、 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。 来週からのGW、3日~6日まで東京インテリアさん 名古屋本店にて イベント『デザイナーによるお庭の相談会』を行います。 こちらもお近くにお越しの際はぜひお越しください。 最新情報や特典はHPをチェック! 最後に、当ショップの最新情報や特典については、現在はHPで発信中です。お得なキャンペーン、イベントの案内などを随時更新しています。今後FacebookやInstagramなどのへも発信、充実していきます。 これからも、私たちのgardenpeaks長久手officeは、皆さんの理想の庭や外構を実現するために精一杯サポートしていきます。ぜひお気軽にお立ち寄りください!場所は、こちらから デザインだけでなく、現場の施工管理まで行う、女性スタッフ女性デザイナーがお客様の悩みに寄り添いお話をお聞きしご提案させていただきます。お電話でも受け付けていますので、お気軽にお問合せください。 0561-76-0203 staff zenda

READ MORE READ MORE

長久手office
gardenpeaks長久手officeがついに完成しました!長い準備期間を経て、新しいお店で皆さんをお迎えする準備が整いました。officeは、弊社新築事業部で監督がプロデュース。お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。 専門家によるカスタマイズサービス まずは、当ショップについてご紹介します。2F建てになっていて1Fが新築の外構や既存のお庭などご相談をお聞きする店舗になっております。少しでは、ありますが観葉植物の販売も行っております。緑で暮らす、庭ツクリ。をテーマとさせていただいているので暮らしのアイテムとして販売させていただく事になりました。是非お近くにお越しの際は、お気軽にお立ちよりください。 当ショップでは、外構や庭のデザインに関するデザイナー(専門家)が、お客様のご要望や予算に合わせて、理想の庭や外構を実現するお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください!弊社の特徴は、女性デザイナーによる提案出会いから完成までをトータルで、女性デザイナーがお客様のお庭をプロデュースします。 イベントやワークショップの開催 また、当ショップでは定期的にイベントやワークショップを開催しています。既存のお庭を何とかしたい?新築で計画を立てたい・・などエクステリアデザインやガーデニングに興味をお持ちの方々、女性デザイナーによる相談会に気軽にご参加ください。ワークショップでは、お花の寄せ植えや作家さんをお呼びしたワークショップなどを定期的に行う予定です。 最新情報や特典はHPをチェック! 最後に、当ショップの最新情報や特典については、現在はHPで発信中です。お得なキャンペーン、イベントの案内などを随時更新しています。今後FacebookやInstagramなどのへも発信、充実していきます。SNSのご案内は、次のブログにてご案内できるかと思いますのでしばらくお待ちいただければ嬉しいです。 これからも、私たちのgardenpeaks長久手officeは、皆さんの理想の庭や外構を実現するために精一杯サポートしていきます。ぜひお気軽にお立ち寄りください!場所は、こちらから デザインだけでなく、現場の施工管理まで行う、女性スタッフ女性デザイナーがお客様の悩みに寄り添いお話をお聞きしご提案させていただきます。お電話でも受け付けていますので、お気軽にお問合せください。 0561-7…

READ MORE READ MORE

住宅のポストの種類と特徴
ブログを見てくださりありがとうございます。 本日はポストの種類について軽く説明していきたいと思います。 建物の完成後、外構(庭や駐車場など)も工事していきます。 その際に ポスト も決めていくのですがどんなポストがあるか見ていきましょう。 ●専用のポール(柱)にポストのついたタイプ  色や形もさまざまで、レトロなもの、木製など好みに合わせて選べます。 ポストを単体で設置するのではなく、表札、照明やインターホンなどを組み合わせる機能門柱もあります。 近年では宅配BOXも組み合わせたタイプもあります。 ●塀や外壁に埋め込むタイプ  インターホンや表札、照明と組み合わせて設置する事ができます。 外壁に埋め込むと外に出ることなく室内から郵便物も受け取れます。 便利ですが、断熱・防犯面からの配慮も必要です。 ざっくりポストについて説明してみました。 郵便物の容量や素材、どんな鍵にするかなど検討する事もありますが、ポスト単体で考えるのではなく、住宅や外構とのトータルコーディネートで選ぶのをおすすめします。 カタログや写真だけでなく、ショールームで開け閉めを確認する事もできます。 お気軽にご相談ください 宮崎

READ MORE READ MORE

木造建築の造り方 ⑤ 基礎工事の流れ
住宅を新しく建てるときに必須になるのが基礎工事。多くの方は基礎工事多がどのような役割があるのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?基礎とは、建物を水平に保ち、建物の重さを地面に逃し、台風や地震に対抗させ長持ちさせる大切な工事です。着工中は依頼主も見学できますので、これから住宅を建てる方は認識しておくと安心です。 この記事では基礎工事の概要から着工の流れを紹介します。 1. 遣り方・水盛り 水盛りは建物の水平基準を出し、遣り方で図面に記載された建物の位置や基礎の高さを実際の敷地に写すための仮設物(木の杭など)を設置します。 2.掘削工事 地盤を掘り起こして基礎をつくります。 3.砕石を敷き 掘削後に砕石と呼ばれる石を敷き詰め、地盤を締め固めます。 4.捨てコンクリート 建物が実際に建てられる位置を確認するため位置を示すものです。強度が必要とされるものではありませんが、工事をすすめるための大切な作業です。 5.鉄筋工事 鉄筋工事とは、格子状の鉄筋を組み立てる配筋工事という作業が必要です。コンクリートだけでは圧縮力には強いけれど引っ張り力には弱いため鉄筋による補強が必要です。基礎の強度にも大きく関わる重要な工程になります。 6.型枠工事 捨てコンに描いた墨出しを基にコンクリートを流し込める基礎の形となる型枠を組みます。コンクリートの圧縮力に崩れないように組まなければならないが、尚且つ後に容易に外すことができなければいけない工程です。 7.コンクリート工事 コンクリート工事は一般的にベースと立ち上がり2回に分けてうちます。コンクリートを流し込む間はバイブレーターといわれる振動機を利用し、コンクリートを隙間なく行きわたらせます。コンクリートが乾くまでには5~7日間ほど養生をします。 8.型枠を外し、仕上げ 養生期間後に型枠を外し、コンクリートの不良やひび割れを確認します。 今回は以上です。ご検討とお時間をいただきありがとうございます。✨✨✨ MAY

READ MORE READ MORE

医院建築設計
崖地に家を建てるのは安全か?という話を2回にわたり私から説明させていただきましたが、今回は当社の現在進めている仕事を紹介したいと思います。 当社のキャッチコピーは『常識を捨てたら家は広くなる』です。住宅ばかりかと思われがちですが、実は事務所建築や医院建築、店舗にも携わっているのです。住宅の考え方は人の生活部分となるため細かい部分まで考えたり勉強したりする必要があります。だからこそ住宅以外の建築にもその繊細さが活きてくると私は考えます。 その中でも現在進行中のRC(鉄筋コンクリート)造の医院併用住宅の設計物件を紹介させていただきます。 こちらは道路との高低差2.5mぐらいの土地に計画しています。 住宅の場合、当社は崖地の建築は鉄筋コンクリート造の地下室や基礎の上に木造でつくることが多いのですが、今回は4階建てということ、お施主様が木造以外を希望されていたことからRC造にて進めさせていただきました。 設計期間1年、施工期間1年の2年がかりで、いよいよ今月4月に完成を迎えます。外壁に4種類のタイルを組み合わせたり等、色合わせに悩みましたが、足場が取れて外観が全て見えるようになり、この組み合わせで良かったと思います。 当社の崖地建築の考え方も取り入れることができ、完成が待ち遠しいです。外構まで完成した後、またお知らせしたいと思います。 今回大きな仕事を任せていただいたお施主様、私のわがままを多く受け入れてくださった建築会社の皆様には心より感謝申し上げます。 代表:牧田

READ MORE READ MORE

大谷石塀の改修
先日、大谷石積の塀を撤去して改修する工事が2件ほど続きました。 どちらの大谷石も表面が風化してボロボロと剥がれ、目地と縁が切れ、 石がずれて動いてしまっている部分もありました。 昭和の時代に流行した大谷石は、吸水性が高いので雨に濡れたり乾いたりを繰り返すことで 表面が劣化してしまいます。 また大谷石の寿命は20~30年と言われていますが、特に外構で使用される大谷石は 風雨にさらされているので劣化の進みも早くなります。 そして最も危険なことは大谷石積塀には鉄筋が入っていないことです。 2件とも解体に立ち合いましたが、あっという間に人力で壊すことができます。 大谷石は現在使われているコンクリートブロックよりも大きくて重いので、 これが倒れてくることを考えると恐ろしい限りです。 新しく造った門塀はきちんと鉄筋が入ったブロックで施工し、 汚れに強いタイル貼仕上とし、お客様には安心と満足をして頂けました。 大谷石積等を撤去する場合は、各市町村で補助金制度がありますので、 申請から改修プランニングも合わせてご相談下さい。 デザインだけでなく、現場の施工管理まで行う、女性スタッフ女性デザイナーがお客様の悩みに寄り添いお話をお聞きしご提案させていただきます。お電話でも受け付けていますので、お気軽にお問合せください。 ご予約はこちら→予約フォーム 0561-76-0203 staff zenda

READ MORE READ MORE